車の抹消登録

廃車にも種類があるんです

廃車には2つの方法がある事をご存じですか?「永久抹消登録」と「一時抹消登録」です。

 

この2つの大きな違いは“車が存在しているかいないか”という事ですが、もう少し詳しく特徴を調べてみましょう。そうすれば損のない廃車手続きが出来そうです。

 

まず永久抹消登録ですが、その名前から連想されるとおり、この手続きを行なうとその車両の車籍が永久に抹消され、再度使用することはできない手続き方法です。

 

尚、軽自動車については、軽自動車検査協会にて「解体届」を行なう事が必要とされます。

 

盗難で紛失した場合にも手続きを行わなければいけません。もしも車を倉庫や展示品として再利用する時にも、永久抹消登録が必要です。多くの場合、解体処分を行なった後に登録抹消を行なう事も覚えておくと便利だと思います。

 

次に一時抹消登録ですが、こちらも名前の通り、一時的に自動車の使用を止める手続き方法です。

 

自動車をクルマとしての用途で使わなくなった場合に申請する事ができます。登録をすると自動車として公道を走る事ができない部分は永久抹消登録と同じですが、一時中止するための届出という位置ですので、再登録を行えば再度使用する事ができます。

 

出張や長期入院、中古車販売の在庫など、長期にわたって自動車を使用しないケースというものが考えられます。

 

他にも自動車を解体する前に、解体までの間を一時抹消登録で待機するという場合もあります。尚軽自動車の場合、「自動車検査証返納届出」を軽自動車検査協会に届け出ることが必要となります。

 

 

永久抹消登録と一時抹消登録それぞれの特徴ですが、ではどちらの方がお得なのでしょうか?

それは各車の状況によって違います。例えば車検が残り少ない場合や車検切れを迎えた場合の廃車は、永久抹消登録の方が手間が省けて良いでしょう。

 

ちなみに永久抹消登録の費用ですが、普通車なら10,000円〜15,000円位の費用が掛かります。

 

逆に車検切れでまだまだ期間がある場合などは、一時抹消してから解体届を出す方法で廃車手続したほうが、より多く自動車重量税が還付されてお得です。

 

売る・譲った後の面倒を先に終えておきたいと考えるならば、一時抹消登録しておくのもよいでしょう。そして一時抹消登録をする際の費用は安めで、1,000円でお釣りがくる位です。

 

 

永久抹消登録と一時抹消登録のどちらがお得かは、用途によって違ってくる様です。廃車手続きの前に、自分がどちらの手続きをすればいいのかをしっかりと確認することが大切です。

 

 

廃車にする前に無料査定