廃車見積もりサイトの流れ

廃車にせず買取ってもらうが正解です

年式が古い、動かない、事故車、水没車・・・この様な車を廃車にする場合、思いつくのは廃車手続きです。

 

しかしお金も労力も時間も掛かる。それならば廃車見積もりをして、上手くいけば買取って貰おうか。

 

そう考える人は多いですし、むしろ正解だと思います。

 

だって日本では廃車扱いの車だとしても、海外では需要があったり部品としての価値があったりと、思いもよらぬ買取価格がつく事が結構あるからです。

 

 

でも何処で買い取って貰えばいいのか分からない・・・自分の少ない知識だけで買取業者に持ち込んだら、結局思った様な値段はつかなかった。これは勿体ない話です。

 

 

しかし実際廃車扱いの車となると“査定してもらう側”の肩身が狭くて、「廃車同然の車を引き取って貰えるだけで有り難い」という固定観念にかられて相手の言いなりというパターンが多いです。

 

 

買取業者も数多くあり、国内中古車市場に強い業者、海外取引に強い業者、部品として取り扱うのに強い業者など様々なのです。

 

それによって価格にも影響してきますから、たとえ面倒でも1社だけで決めつけるのは良くないです。
1番良いのは廃車見積もりサイトにアクセスして、数社から見積もりを出してもらって比較する事でしょう。

 

ここからは廃車見積もりサイト利用の流れを大まかに説明しますので、今後の参考程度にでも読んで頂いたら幸いです。

 

サイト利用の流れ

まずはインターネットを利用して、パソコンやモバイルなどからアクセスします。

 

ホームページに入力ホームがあるので、流れに沿って車の状況や自分の情報を入力していって下さい。

 

入力が終了したら内容を確認し、送信します。しばらくするとお住まいの地域に対応した廃車買取業者から連絡が来ると思います。

 

ここでポイントですが、いきなり1社に決めずに2・3社ピックアップしておく事です。結局最初の1社に決めたとしても、複数の業者を競い合わせる事によって査定額がUPする事は珍しくありませんから。最終的に絞った数社と個別でやりとりし、都合の良い日時の打ち合わせをして実際に出張査定に来てもらいます(持ち込んでも構いません)。

 

車の査定をする人が細かくチェックし、最終的な査定額を算出してくれます。この際、もしも取り外した純正品がある場合は用意しておきましょう。
これだけで査定額がぐんと違ってくる事もあるのです。

 

 

後は納得のいく査定額が出るまで頑張って交渉して、1社と成立してお金を受け取ったらめでたしめでたしです。
お金は振込みなのか現金なのか、そちらもきちんと話し合いましょう。

 

 

不満があれば断ったって構いません。常にこちらが優位に立っていて良いのですから。
以上が廃車見積もりサイト利用の流れです。見積もりサイトは業者とあなたとの懸け橋になる事が第1目的ですが、廃車の手続きに関してのサポートはもちろん、あなたの自動車に関する疑問やご要望にも応えてくれます。

 

 

とても心強いサイトが無料で活用できるのですから、是非1度利用してみて下さい。

 

 

廃車見積もりサイト一覧