車を売るのに最適な時期を逃すと損をする?

売りたい時に売る!じゃなくて良い方法あります

自動車を売却する際、時期によって値段が結構変わることは知っていますか?

 

せっかく高いお金を出して購入した車ですし、少しでも高く売った方が次の車の購入代にもなりますし、しっかりと時期を見計らって売るようにした方がいいですよ。

 

では、車を売るのに最適な時期はいつなのでしょうか?

 

車を売却する際に注目しておきたいのは、中古車市場の相場にはちゃんと時期に応じた傾向があるということです。

 

こんな時期がお勧めです

@年度末である2月・3月は中古車の相場が全体的に高くなります。
A卒業や就職などで車を購入する人が増える、春先には軽自動車やコンパクトカーなどの相場が上がりやすいです。
B夏前になると、サマーシーズンでレジャーなどへ出かける人が増えるためか、オープンカーや4WDなどの相場が上がりやすいです。
C冬前になると、ウィンタースポーツへ出かける人が増える為、4WDなどの大型の車の相場が上がります。
D時期は車種によって変わりますが、新車やフルモデルチェンジなどが発売されてしまうと、その前モデルとなる車種の相場は下がってしまいます。

 

上記の車売却の相場は、その年によっても増減は様々ですが、ほとんど毎年同じような推移をしているといわれています。ですので、この時期を少し気をつけるだけでも車の売却額が大きく変わってきます。車の売却する時期を間違えると、購入する人が少なくて買取する方も安くしか買い取ってくれなくなってしまいます。

 

 

 

自分の車の車種が、どの時期に需要があるかを調べるといいですよ。売却する時にはその需要が高くなる時期に売却するより、その時期のちょっと前に売却することがコツです。

 

 

中古車は売却してからすぐに売れるわけではなく、売却後に中古車業者はまずその車を点検・整備・洗車などをして始めて中古車市場に出せる為、需要のある時期に買い取るよりもその前の時期に買取をし、需要のある時に売りに出したいので、その時期より前に売却するべきです。時期を見定めて売却しましょう。

 

 

車の価値って?

車とは数年もたつと、その価値は半分以下になると言われています。もちろん人気のある車種ではまだまだ価値が高いものもありますが、車はどんどん新しい型が出てくるため、ずっと同じ価値を維持できるというのは不可能です。車を使用していれば少しずつ劣化していきますし、長距離を走らなくても日にちがたつごとに中古車市場からすると車の価値はどんどん下がっていってしまうのです。3年ほどで価値は半額になるというのがほとんどです。

 

約2週間に1回で価値が下がるといわれているため、車買取業者が査定額の期限を2週間にしている理由にもなります。2週間後にもう1度査定をすると、最初の査定よりも金額が安くなってしまう可能性が高いです。

 

 

そのため、車を売却する際、ずっと同じ見積額でいるわけではないため、査定をしてもらってから売却までに期間を開けてしまうと、売却額が変わってしまうため注意しましょう。売却時期で一番注意したいのはDの新車やモデルチェンジです。車は数年でモデルチェンジをしており、また新車もぞくぞくと登場しています。

 

 

自分の持っている車がモデルチェンジを発表したり、その後継車となる車が発表されてしまうと、それだけで車の価格が大幅に下がってしまうのです!発表だけでも下がりますが、その車が発売されてしまえば、時部の車は旧型になってしまうため、さらに価格が下がり、十万円単位で買取額が下がってしまうなんてこともめずらしくありません。そのため、車を高く売却するのであれば、車が旧型になってしまう前がベストです。

 

 

新車やモデルチェンジの時期は毎月のように行われているため、ネットなどで新車やモデルチェンジをする時期をチェックしておきましょう。

 

 

以上のように、車の価値は常に変動しており、時期によって大きく買取額が異なります。
その時期と合わせ、新車やモデルチェンジが行われる日を確認し、その時期よりも前に売却することが大事です。

 

その時期を逃すと、数万〜数十万円も損してしまうことになりかねないため、自分の車の価値は日ごろから確認しておくといいですね。

 

 

車査定はコチラ