買取られた車はどうなるの?

買取ってもらってたらまたリサイクル

車を購入する際、今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出したり、中古車販売店などに買い取ってもらうなどしてもらうと思います。事故をして大きく損傷していたり、まったく動かなくなったしまったような車は廃車にすることもあるでしょうが、たいていの車が下取りもしくは買取などで手放すことになります。

 

 

これらの買い取られた車はその後どのようになるのでしょうか?買い取られた車のほとんどが次の買い手が見つかるように、中古車市場に流れていくのがほとんどです。
中古車市場に流れていくためには、まず整備が行われます。

 

 

買取の際にしっかりと車の状態を確認してある為、それをもとに車の整備が行われいます。故障していたり劣化している部品は交換され、へこみや傷がある場合には板金などで修理されます。

 

 

車体や車内もキレイに清掃され、次の買い手が見つかるようにしっかりと整備が行われるんです。その後、様々な中古車販売店などに車が出されることになります。特に日本の車は壊れにくいため、相当な状態でない限りはまだまだ走れる車がほとんどですので、中古車として販売され、買い手が見つかればまた道路を走ることになります。

 

 

年式が古かったり、走行距離がかなりいっているような車では、国内ではなかなか買い手が見つかりません。日本では中古車を購入する人は多くいますが、年式が新し物や走行距離がそこまでいっていない車が好まれるため、あまりに古かったり走っている車はなかなか買い手が見つかりません。そういった車は廃車になるのでしょうか?

 

 

実はそうではありません。日本国内では人気がない車でも、海外ではとても人気があるんです。もともと日本車は性能がよくて壊れにくいと評判で、海外でも人気があるのですが、どうしても新車では値段が高くて手が出せないというひとが多いのです。しかし、中古車であれば値段もぐっとさがりますし、特に年式が古かったり走行距離がいっている車ではさらに値段が下がります。

 

 

日本では敬遠されがちなそういった車であっても、海外では安価に日本車が手に入るからろ購入する人がたくさんいるんです。

 

 

日本車は海外での信頼が高く、外車に比べると圧倒的に壊れにくいため、買い手がつくんです。

 

そのため、日本では中古車としても価値が低い車は、海外の販売店で売られることになるんです。

 

 

買い取られた車のほとんどが国内もしくは海外で再度走ることになるんです。そうとうな状態であった場合は、解体してリサイクルされることもあります。使える部品はそのまま別の車に取り付けられたり、車体の金属や電子機器に使われているレアメタル、タイヤなどは燃料としてリサイクルされるため、どのような車であってもその利用価値は高いです。

 

 

買い取ってももらったほぼすべての車には価値があります。思い入れのある車を手放すのは気が引けるかもしれませんが、どこかでまた走っていたり、リサイクルされて誰かの役に立っているんですね。

 

 

 

車査定はコチラ