車の買取はキャンセルできるの?

一度契約した後でも断れるの?

車買取の手続きをした際、やはり売却することを辞めたくなりキャンセルをすることはできるのでしょうか?

 

車の売却が別の店ではもっと高値で売れることが判明したり、友人が欲しがっていた、車を手放すことが惜しくなったなど様々な理由で買取をすることを辞めたくなることがあるかもしれません。

 

ですが、いざ買取の手続きをしてしまった後にキャンセルをすることはできるものなのでしょうか?

 

結論から言うとキャンセル自体は可能です。

 

キャンセルする時期によっては無料になることもあるようですが、ほとんどの場合はキャンセル料が発生してしまいます。

 

 

車買取の契約を車買取業者と取り行うと、買取業者はその車を売却するための手続きに入ります。この手続きは契約と同時くらいに行うそうです。車も消耗品ですので、少しでも購入した時から日が浅い方が売れ安いからです。

 

 

日が空けばあくほど車検日が近づいてしまうため、買取業者は車買取の契約をするとすぐにオークションや自分の店のサイトや他の車買取業者で売却するための準備を行います。その準備をしているのにもかかわらず、やはり車の買取をキャンセルしたいというのはマナー違反でありますし、なにより契約違反となります。

 

 

契約後にキャンセルをするということは買取業者に少なからず損害を与えることになるんです。

 

 

車買取の契約はしたものの、まだ車が売れていないからいいじゃんということにはならないわけです。車の買取の際には売買契約を交わすことになり、これは書面上にきっちりと記載されているはずですし、その説明をうけることになりますし、その説明を受けたとのサインもしているはずです。

 

 

それが売買契約なので、この売買契約に則り売買が成立するのです。そのため、売買が成立した後にそれをキャンセルすることは契約違反となってしまい、一方的に解約なんてことをしてしまうと違約金としてキャンセル料を支払うことに、もしくは請求される可能性が高くなります。

 

 

自分が車を購入する際、契約したのにやっぱり店側から売りませんなんて言われたら最悪ですよね。それと同じことをこちらがすることになるので、キャンセルをするということはなんらかのペナルティが発生してしまうのです。

 

 

ですが、まったくキャンセルができないわけではありません。買取業者によって期間は異なりますが、契約後でも一定期間であればキャンセル料がかからないということもあります。中には契約から数日はキャンセルを受け付けてくれる業者もあるようです。

 

 

売却する人の中には結構直前になって売却することをためらう人もいるため、そういった措置をとっているそうですよ。ですが、車を業者に手放してしまったり、引き取りの前日や当日になってキャンセルとなるとそうはいきません。キャンセルできたとしても間違いなくキャンセル料・違約金がはっせいすることになるでしょう。

 

 

そういった事を避けるため、車を売却する前には、本当にこの車を手放してもよいの、売却する業者は他にないのか、他に車を必要としている人はいないのか、車を手放した後すぐに車が必要になることはないのか、など、車を売却しても問題ないかをしっかりと確認した上で契約するようにしましょう。

 

 

キャンセル料というお金が発生するだけではなく、その業者に対してもとても失礼になりますよ。

 

 

車査定はコチラ