廃車とリサイクル法の関係

増えるゴミ!自動車リサイクル法はエコの為に・・

日本で年間どの位の車が処分されているか、ご存知ですか?その数約370万台!年々増え続けています。車は鉄やアルミなどの金属が多く使われているのでリサイクル率は非常に高く、総重量の約80%がリサイクルされて、残り20%はシュレッダーダストという、いわゆる車の解体後に残るゴミになっているのです。そのゴミは埋め立て処分されていました。ところが土地には限りがあります、埋め立てる場所が無くなってきてしまったのです。そうなると埋め立てる際の費用も高騰してしまうんですね、高騰するとおのずと違法をする人も多くなる・・・不法投棄や不適正処理が目立つ様になって、課題が浮き彫りになってきたのです。その他では環境問題にも心配が出てきました。車のエアコンの冷房に利用されるフロン類がちゃんと処理されないと、オゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こすのです。更には車をリサイクルする際、爆発性のあるエアバック類を安全に処理する為には専門的な技術が必要不可欠になる事も課題の一つです。
これらの問題を解決すべく作られた法律が「自動車リサイクル法」です。2005年1月から開始されました。対象になるのはエアコンに使われるフロン、車体を解体・粉砕した後に残る粉砕屑、エアバックの3種類です。気になるのが負担金額ですが、メーカー・車種・エアバック等の装備によって違ってきます。まず国産車の場合、軽・小型車で7,000円〜11,000円程度、普通乗用車で8,000円〜17,000円程度となっています。輸入車の場合は、軽・小型車で12,000円〜16,000円程度、普通乗用車で15,000円〜25,000円程度と、国産車の5割増しくらいの価格になります。その費用は所有者の不法投棄を避ける為に、新車の購入時に支払う事が義務付けられています。新車を購入する際には頭の隅に置いておきましょう。

 

廃車にするなら自動車一括見積りをしましょう