所有者の違う車は勝手に廃車に出来ません

当たり前ですが所有者に権利があります

車を廃車にしようとしても、その車の所有者が自分でない場合は廃車を行うことはできません。

 

車の廃車を行う時は原則としてその車の所有者でなければ行えません。

 

これは勝手に他人が車の登録変更や抹消手続きなどが行えないようにするためて、当然の理由です。もしも所有者以外でも廃車をすることができてしまっては、誰でも自由にその車を廃車にすることが出来てしまうので、当たり前と言えば当たり前です。

 

 

ですが車を管理している人がすべて所有者ではないということもあります。

 

 

もしも車を廃車にしたいのであれば、その車の所有者が自分であるかをしっかりと把握しておくことが重要です。
もしも所有者でない場合は、ちゃんとした手続きを行い、所有者を変更する必要があります。

 

車の所有者を変更する方法

車の所有者を変更するためには、結構煩雑な手続きがあり、基本的には専門家にまかせることが多いのですが、かといって特別な資格がいるわけではありませんので、行おうと思えば誰でも行うことができます。専門家に任せると手数料をとられてしまうので、費用を抑える為に自分で行える人は行ってしまいましょう。

 

用意するもの

3カ月以内の印鑑証明書:

前の所有者、新しい所有者の両方が必要ですので注意しましょう。どちらか1つだけではダメです。

発行日より1ヶ月以内の車庫証明書:

期限が1ヶ月以内と短いので日付に注意しましょう。

前の所有者が新しい所有者へ車を渡すことを証明する譲渡証明書:

この用紙は運輸局のホームページからダウンロードして印刷することができます。注意すべきは、前の所有者の実印が押されていることが必要となっていることです。

委任状:

前の所有者が新しい所有者に登録変更を依頼することを証明する書類です。譲渡証明書と同じく、運輸局のホームページからダウンロードして印刷することが可能です。

実印:

新しい所有者の実印です。実際は認印でも良いようですが、正式な書類ですのでしっかりとした実印を用意することをおススメします。

車検証:

自動車検査証。車検を受けた際に発行される書類です。

自動車納税証明書:

その年の自動車税をちゃんと納めたことを証明する書類です。

自動車取得税証明書:

自動車を購入した際に自動車取得税を納めたことを証明する書類です。

自賠責保険証明書:

自賠責保険の保険料を納めたことを証明する書類です。

申告書:

所有者を変更する時に申告するための書類です。陸運局や運輸局にあります。必要事項を記入して提出しましょう。

手数料納付書:

運輸局や陸運局で手数料を支払った際にもらえる書類です。

 

以上の書類を集め、所有者の変更を行い、初めてその車を廃車にするなどの手続きが自由になることができます。

 

 

所有者が変更していない場合は、その車の廃車の手続きは行えませんので、所有者が異なる場合は必ず所有者の変更を行ってから廃車の手続きを行いましょう。

 

 

勝手に人の車を廃車にすることが出来ませんので、手続きをしっかりと行ったうえで廃車をするようにしましょう!

 

 

廃車にする前に無料査定してみませんか?