結局車は下取りと買取どっちがお得なの?

下取り・買取 両者の特徴を簡単にまとめてみました

今のっている車を手放そうと思うと、基本的には売却することになると思います。

 

車の売却には大きく2つの方法があります。

 

一つは新車を購入するなどする、いわゆる買い替えによって車を下取りに出す方法で、車の買い替えの際には多くの人が下取りで車を売却しています。

 

 

もう一つは車買取業者で車を買い取ってもらう方法です。

 

車の下取りと、買取、同じようですがじっさいどっちの方がお得なのでしょうか?

 

どちらも車を売却することには変わりありませんが、車を手放す時には大抵が新しい車に買い替えることが多いので、下取りに出す人が多いのが現状です。

 

 

ですが、車の下取りは確かに楽ですが、車を販売している業者に売却することになるので、その業者は車の買取専門業者へさらに売却することになるので、中間マージンが発生してしまうんです。

 

 

 

車買取業者に買取をしてもらうのは、間になにも業者をはさむことがないので中間マージンが発生することがありません。

 

 

そのため、業者によって車の料金には差はあるものの、下取りと買取では下取りのほうが低い金額になりやすいのです。車を購入する時には以前のっていた車の下取り価格というのはとても重要ですので、交渉の段階で他の値引きが出来なくなった際、車の下取り価格が上昇したという経験のある方は多いと思います。

 

 

これには実はからくりがあって、最初の見積もりの段階で車の下取り価格を少し低めに見積もっておき、交渉が進んだ段階で切り札として下取り価格を上げるなんて方法をとることがあるらしいのです。

 

 

一見得をしたように見えますが、実際には中古車市場での適正価格に上げただけですので、販売業者は損をしているわけではないのです。

 

 

ですので、車の見積もりをする段階で、事前に売却する車の価格を知っておくことが重要だと思います。車販売業者を回って今のっている車の査定をしてもらうのもありですし、今ではインターネットを利用すれば簡単に概算ではありますが車の価格が分かるんです。

 

 

 

せっかく今まで大事に乗っていた車ですし、手放すなら少しでも高い金額で売れた方がいいに決まっていますよね。

 

 

下取りのマイナス面ばかりをいいましたが、もちろんメリットもあります。確かに今では車の買取の方が料金的には得をすることが多いのですが、下取りに比べれば手間がかかるのは事実です。車を購入する店と、売却する店がことなればその分手間が倍かかることになります。

 

 

 

車の売却と購入のタイミングを合わせないと、一時的に車が手元にない時期、または車を二台所有してしまう時期ができてしまいます。

 

 

 

車を下取りすることは、購入と売却が同じ店で同時に行うことができるので、そういった手間がかかることはありません。そういった手間の分を支払うと思えば、下取りの方が買取より低い金額であっても手間を考えれば得なのかもしれません。

 

 

 

以上のように、車の下取りと買取では、売却額では買取の方が得ですが、手間を考えると下取りの方が得です。

 

 

 

どちらにもメリット・デメリットはあります。そのため、事前にしっかりと車の中古車市場での価格を確認しておき、下取り・買取でのどちらの金額も確認した上で、手間を天秤にかけて考えるといいでしょう。

 

 

車査定はコチラ