友達に車を譲る方法

ただ「あげるよ!」では車は譲れません

車を手放す際、手放す方法としてはおおまかに3種類あります。

 

新しく車を購入する際に下取りとして出す方法、中古車販売店などに売却する方法、そして友人や知人などに車を譲す方法です。

 

 

多くの人が下取りや買取などを行いますが、基本的に業者に手続きをお任せすることになるので楽です。

 

 

では、友人に車を譲る時はどのような方法で行えばいいのでしょうか?

 

 

車は登録が必要なので、ただ物を渡すようなやり方ではダメです。友人に車を譲るのには正式な手続きを取らなければいけませんので注意しましょう。その手続きの仕方は下記の通りになります。

 

 

旧所有者:自分、新所有者:友人となります。

 

自動車検査証を用意する。

譲渡する自動車検査証、いわゆる車検証を用意しましょう。基本的に車のダッシュボードの中や運転席や助手席後面のポケットに入っています。人によっては自宅で管理しているかもしれませんので探しましょう。なくすと再発行がめんどくさいですのでちゃんと管理しておきましょう。

 

 

印鑑を用意する。

旧所有者、新所有者とも印鑑を用意しましょう。この際に必要なのは認印ではダメで、実印が必要ですので注意しましょう。実印とは住んでいる市町村で登録してある印鑑です。ない人は市町村の市役所で登録する必要がありますよ。

 

 

印鑑証明書を用意する。

登録してある実印の印鑑証明書を用意しましょう。登録した市町村の市役所で発行してもらいましょう。登録していなくても、実印登録したい印鑑を持っていけば、登録と発行を同時にする事もできますよ。印鑑証明書は旧所有者と新所有者両方のものが必要となります。この証明書は発効から3カ月以内のものが有効ですので、期限に気を付けましょう。

 

 

車庫証明書を用意する。

新所有者は、譲り受ける車の保管場所を証明するための書類として、車庫証明書が必要となります。これは保管場所を管轄している警察署で申請して発行してもらうことになります。発行から1カ月以内のものが有効ですので、これも期限に気を付けましょう。

 

 

譲渡証明書を用意する。

車を譲渡する事を証明する書類です。国土交通省のホームページから書類をダウンロードすることが可能です。これは旧所有者のみ用意します。

 

 

1〜5までの書類を用意。近くの陸運局もしくは運輸支局・検査登録事務所で譲渡の手続きを行う。

 

車の名義変更を行うと伝えれば案内してくれるでしょう。これは旧所有者のみでも可能ですが、新所有者がいけない場合は、委任状を用意すれば旧所有者だけで手続きが可能です。この委任状は国土交通省のホームページからダウンロードする事が可能ですよ。

 

 

申請の時に自動車検査登録印紙が必要となる為、窓口で購入して添付することになります。

 

 

以上の手続きを行うことで、車の名義が自分から知人や友人などの、新所有者へ移行することになり、ここで初めて車を譲る事ができるのです。
車は簡単に人にあげる事が出来ません。

 

 

必ず上記の手続きを行い、名義を変更しておきましょう。変更せずに譲ったりすると、思わぬトラブルになるかのせいもありますので、人に挙げる時には絶対に名義変更を行いましょうね。

 

 

 

譲る前に無料査定してみませんか?