廃車にかかる諸費用は一体いくら?

廃車にはどういった費用がかかるの?

廃車を行う場合、色々な費用がかかってきます。しかもそれなりの労力と時間も要するので、最近では個人で廃車手続きを行う人は少なくなっています。

 

皆ネットなどを観覧し、楽に廃車にする方法を入手しているのです。それでももし廃車手続きを自分で行うのなら、あらかじめ手続きの流れや費用などを把握しておきましょう。ここではまず廃車にかかる費用を挙げていきます。

 

 

まず最初に覚えておきたいのが、リサイクル料金の存在です。

 

平成17年に自動車リサイクル法という法律が施行され、自動車を廃車にする場合は各車ごとに決められたリサイクル料金を支払う事が義務づけられました。

 

この費用に関しては平成17年2月以降に車検を通した車であれば、車検の際に既にリサイクル料金が徴収される仕組みになっています。しかしこの場合でないのなら、廃車の時に支払が必要となります。車の種類によって値段が違うの注意が必要です。

 

 

国産の軽自動車の場合だと8,000円、普通車の場合だと1,000円、外国車や大型車の場合だと15,000円以上となります。覚えておきましょう。

 

 

 

では次に廃車の手続きに要する費用です。手続きは抹消登録を陸運局に申請する必要があるのですが、この登録の手続きを自分自身で行い陸運局に提出する場合、無料で行う事が出来ます。

 

 

完全無料という訳ではありませんが、「廃車」=「永久抹消登録」の申請書類を購入するのに、50〜100円程度必要なだけです。

 

 

これは予想以上に安いですね!しかしながら自分で廃車手続きをしない人が多いのですから、これは金銭的な面もさることながら、手間がかかりすぎるのがデメリットといえます。車をスクラップ工場へ運んで必要書類を貰い、それから土日はお休みなのであえて平日に陸運局へ出向いて所定の手続きをします。

 

 

この非日常的な手間が面倒だという事が挙げられます。それを嫌って行政書士などに手続きを任せる事も出来るので、これも覚えておくと良いと思います。

 

 

行政書士は、管公署に届ける書類を個人や企業に代わって作成したり、提出手続きを代理する事を業務としています。廃車手続き以外にも遺言書の作成や遺産目録の作成など、様々な手続き書類を代行して作成します。とても有難いですが勿論費用が掛かるのがポイントです。

 

 

廃車手続き代行の手数料ですと、大体5,000円〜15,000円を目安に考えて下さい。

 

 

次に、自動車の登録を永久的に抹消する場合(永久抹消登録)、車を解体する事になります。

 

 

車を解体する場合は、自動車の解体許可を受けている専門の解体業者で行う事となります。解体が終わると「解体証明書」を発行してもらい、受け取る事となります。解体する費用ですが、廃車処分方法や自動車解体業者によって異なります。

 

 

自動車解体業者に依頼すると1万円〜2万円前後が処分費用の相場になるようです。

 

 

しかしこれはあくまで自走可能な車の場合であり、廃車状態の車は自走不可能な事が多いです。自走不可能な場合解体業者までレッカーしてもらう必要性がありますので、運搬する距離によって課金されます。なるべく自宅近くの解体業者に持ち込むのがお得ですが、この場合でも数千円増しで請求される事を覚悟しておきましょう。

 

 

 

ざっとこれだけが、個人で廃車手続きを行う場合の総費用です。陸運局まで赴く際のガソリン代や交通費などは別途で掛かりますので、それも視野に入れておきたいです。そしてお金も勿論大切ですが、先程も記載した通り廃車手続きを自分で行うには結構な労力が必要となります。

 

 

 

そして手間だけでなく時間も掛かります。まるっと1日費やす事となりますから、精神的にも肉体的にもかなり疲れる事を覚悟して下さい。どうしてもお金を浮かせたくて、抹消登録の手続きを自分で行ったり解体業者に処分を依頼する際自分で車を持ち込むなど、工夫する事は悪くありません。しかしこれまた労力を使いますから、しまいに嫌になってしまう可能性も有り得るのです。

 

 

 

最近では廃車買取専門業者がとても注目されており、この業者の存在が広まってから個人で抹消登録する人は激減しました。

 

 

わざわざ料金を支払って、しかも時間や手間を要して廃車手続きをするより、専門業者にお任せして買い取ってもらった方が絶対的に楽だしお得です。解体やリサイクルを行ってくれますので、基本的にどんな車でも買い取ってもらえます。

 

 

 

自走不可能な車であっても、z自宅に取りに来てくれるので引き取り手数料も無料な場合が多いです。まずは気軽に見積もりから行ってみましょう。個人で廃車にしようと考えている人へ、是非専門業者の買取をお勧めします。

 

 

廃車見積もりサイト一覧