廃車査定や車買取の業者選びで失敗したくない!

失敗しない業者選びとは・・

必要のなくなった車は、下取りもしくは売却という方法が一般的です。ですが、この方法で手放せるのはちゃんと走行ができ、かつ中古車としてある程度価値のある車でなければいけません。

 

 

車が動かなかったり故障してしまっていたり、事故で大きく大破してしまっていたり、水害などによって水没車となってしまったような車は、中古車として価値がなく下取りや売却をしてもらえない可能性があります。

 

 

 

そういった場合は車を廃車にするしかありませんが、車の廃車は手続きが煩雑であり慣れた人でなければ行いにくいでしょう。

 

 

そのため、車を廃車にするなら廃車専門の業者に頼むのが一番です。また、ある程度価値のある車であれば車買取業者に売却をすることができます。ネットなどを利用して自分で車売却もできなくはありませんが、車買取業者に依頼した方が確実に買い取ってもらえますし、中古車市場の価格に精通している業者に依頼した方が個人で売却を行うよりも確実でしょう。

 

 

 

以上の様に、車の廃車にしても買取にしても専門の業者に依頼するのが一番手っ取り早いですし、確実なのは間違いありません。

 

 

ですが、業者にも様々なところがあり、中には怪しげなところや、正しい価値で車を引き取ってくれないなど、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうような変な業者もいるんです。

 

廃車業者や車買取業者を選ぶとき、失敗しないためにはどのような業者を選ぶのが良いのでしょうか?

 

見積り

どの業界でもそうですが、見積の詳細をしっかりと教えてくれないところは怪しいと思った方が良いでしょう。見積というのはその車の価値がどれくらいで、その車を売却するためにどれくらいの手数料がかかっているのか、その手数料の内訳はどのようになっているのか、車の査定価格はどれくらいで、どこが減額される要因になっているかなどなど、見積というのはそれらすべてが合わさって初めて価格が出るのです。廃車の手数料にせよ、車を売却するにせよ、それらの内訳をしっかりと教えてくれるところは安心できるでしょう。もしも見積の内訳をみせなかったり、はぐらかすような所は怪しいと思った方が良いですよ。

 

税金の還付

車の税金は基本的には1年分をまとめて一括で支払っています。そのため、車を年の途中で手放すことになれば、それらのお金は手放した以降は支払いすぎになってしまうためちゃんと還付される仕組みとなっています。この税金の還付を教えてくれるところは良い業者と思って良いでしょう。中にはこの税金の還付を知らないことをいいことに、還付の件を黙っていて着服してしまうような業者もいるんです。税金の還付があることを伝える事は義務ではないものの、多くの廃車業者や車買取業者はこの税金の還付について説明してくれるでしょう。これを伝えない業者は怪しいと思った方が良いです。最初に税金の還付のことを知らない振りをして、向こうからちゃんと説明があるか確認するのもいいかもしれません。確認した上で黙っているような業者は間違いなく黒です。そんな業者とは契約しない方がいいですよ。

 

ホームページ

その会社のホームページからも会社の概要などがのっており、そこから優良な業者か見抜くことも可能です。ホームページから運営会社や会社概要のところをしっかりと確認しましょう。自動車リサイクル法による許認可、解体業認可をしっかりと持っている会社かどうかがとても重要となります。これらを持っていない会社は適切に車をリサイクルや解体することを許可されていない会社と同義なので、そんな業者に適切に車を処理してくれるか疑問となります。ホームページにあえて載せないなんて業者は通常いませんので、もしもこれらの許可を取得していることが記載されていないようならクロでしょう。自分の車を正しく処分されないばかりか、下手をすると自分の名義のまま変なことに使用されるとも限らないので、ホームページでの確認を前もってしておくと良いでしょう。