廃車査定|実際あったトラブル

どんなサービスもトラブルはあります。

自分の人生において、廃車査定をしてもらう事とか廃車に関わる事ってそうそうないと思います。ですから廃車査定も慣れていない筈。どうせならトラブルなくスムーズに済ませたい所ですが、何しろ初心者なので運悪くトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくないのです。ではどのような場合にトラブルになるのでしょうか?

 

見積もり金額の相違についてのトラブル

廃車にする際、業者と事前に買取り金額において確認する筈です。いくらで買い取って貰えるのか、又はいくら費用が必要なのか。しかし、最初の見積もりに対して実際に買い取ってもらう際に金額が違っている場合があります。ひどい時には数十万単位で変わる場合もあり、「最初の見積もりでは分からない欠陥が発見された」等と言い大幅な料金減額を要求する場合もあるのです。それが原因でトラブルに発展してしまいます。この様なケースは、直接車を見せずにメールやネットなどで簡単に見積もりをしてもらった時が多いので、ネット等で査定した後でも一度実物を見せて査定額を決定してもらうのがトラブル回避の近道と言えます。

 

出張見積もりに来た際に居座られるケース

廃車査定でも中古査定でも、出張見積もりを依頼する事ができます。特に廃車の場合車が動かないケースも多く、自分自身で見積もりに行けない時もこの出張見積もりを利用すれば非常に助かるのです。が・・・自宅まで来てもらった時、査定員がそのまま自宅の中に居座って帰らないというトラブルが発生するのです。こんな事本当にあるの?って思う人も多い様ですが、実際あれば女性や高齢者はとても怖い思いをする事でしょう。この様なトラブルを避ける為に、男性が自宅にいる時に出張見積もりをしてもらう方が安心です。

 

還付金を業者に取られるケース

本来ならば還付してもらえる筈の自動車税を、買取業者が受け取ってしまうというトラブルです。自動車税とは、4月1日の時点で車の所有権を持っている人に対して課税されます。前払いで1年分を納付書で支払うのです。納税が済んでいる車を中古車・廃車買取業者に売却した場合、売却した月の翌月を基準として、3月末までの自動車税が計算されて戻ってくる還付制度があるのです。車を売ると納付した自動車税が戻ってくる訳です。
この自動車税の還付が受けられることを知らせる義務が中古車買取業者にはない為に、本人の知らない間にこの手続きをしている場合もあります。本来であれば納税者に還付されるべきお金です。
この様な事が無い様に、まずは売却金額の明細のチェック。更には売る際に自動車税が還付されることを聞いておいて、還付がある事を知っているというのを業者側に知らせておくことです。

 

信頼できる会社で廃車査定をしたい方はこちら